RSS 2.0 RSS2.0

お知らせ

13/06/19
見切り発進 よろしく
改装中だからごてごてしてるよ!さーせん!

Me

z-index のマイナス値

2013年6月30日 - 15:57
category:CSS,Web

CSSで重なりを指定できる z-index
うふぉっ!
と思ったんだけど、当初使い辛くて、いやむしろ避けてました。使うまい、と。
その時はやっぱりブラウザの対応がマチマチな上に、よろしくない挙動が目立ってた気がする。
セットでよく使う position や top,left などなど。
思うように動いてくれないんだわ。(いつだってIEなんだけどな)

まーでも流石にそろそろ大丈夫だろ!
っていうかもうIEなんて知らないからいいや!

理屈は全然単純で、デフォがz-index: 0; 対象のブツがそれより高ければ上に来るし、低ければ下に表示されるレイヤー機能。
よーし、じゃあコイツをもぐらせよう~とか考えちゃうじゃん。
あ、デフォが0だと・・・-1でいいか。みたいな。
マイナスでも適用される。
ただ表示としてなら問題なく見えるんだが、イベント要素が入ってると困った事になる。

ぐぁぁ…マイナスの方は<a>タグ押せねぇ…。
ついでにhoverにも反応がない、ということはマウスオーバーしてないのね。
これあれだ、見えないけど親要素の裏方に沈んじゃってるんだ。
しかもleftなんかでぐぐぐっと出してもやはり反応しない。
まーやるときはちゃんとマイナスで横着しないで数値を振れって事ですか。

マイナスを使わず正の数でやれば問題なく動くようになった。
今、ここの環境に限るが…使ってないのもあって勉強不足でした。といいつつ、まだまだありそうで怖い。
変な使い方、わざとマイナス使えばそういう振る舞いを起こせる…とも言える。
それも環境によりそうだな~。

コメントをどんぞ - タグは使えないよ!

コメントを残す

コメントフィード

トラックバック URL:http://urukon.com/web/z-index-%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%80%a4/trackback/